The Rivington

新郎が主役の【ジャケットセレモニー】

OFFICIAL NEWS 2020.08.27 木

結婚式は、普段なかなか伝えきれなかった「感謝の気持ち」を伝えることが出来る特別な1日。

今、結婚式の演出の中でも様々な演出やグッズで感謝を伝える方法が増えて来ています!

 

その中でも今、新郎様にスポットを当てた「ジャケットセレモニー」が話題となっています。

花嫁様がバージンロードを歩く前に最期の身支度として人気なのが「ベールダウンセレモニー」

ウェディングベールには、元々「悪魔から身を守る」という役割と意味があります。

 

大切な娘を守る役目のベールを今まで沢山お世話をしてくれたお母様から「最後の身支度」の意味を込めて行います。

このセレモニーの瞬間、目と目が合う新婦様とお母様

「今までたくさんの愛情をくれてありがとう」

「幸せになってね」

と言葉を交わす姿に涙されるゲストの皆様も多いです。

 

ベールダウンは花嫁様が主役の演出…では、花婿様が感謝の気持ちを伝えるセレモニーは…?

 

そこでオススメなのが「ジャケットセレモニー」です!

 

ジャケットセレモニーとは、バージンロードの前で、お父様もしくはお母様から最後の身支度としてジャケットを着せて頂く演出です。

「これからはあなたが新しい家族を守っていくのよ、頑張ってね!」

という気持ちを込めて新郎様を送ります。

 

これまで新婦様にスポットをあてられることが多かったバージンロードを歩く前の演出。

ぜひ、新郎様も親御様との感謝のセレモニーを演出という形で伝えてみませんか?

PAGETOP