The Rivington

お色直しってなんでするの?カラードレスの色が与える印象

OFFICIAL NEWS 2020.05.02 土

披露宴での定番ともいえるお色直し。元々は和装の結婚式が由来だって知っていましたか?

今回はお色直しを行う理由と、ドレスの色が与える印象についてご紹介いたします。

 

結婚式の定番衣装である白無垢・ウェディングドレスが真っ白な理由は、婚姻を通して「あなた(新郎家)の色に染まります」という意味が込められているからです。

そして色打掛・カラードレスに着替える事で、一連の流れを表しているのです。最近のお色直しの多くはウェディングドレスからカラードレスへ、和装から洋装へ着替えることが一般的ですが、実はこんな深い訳があるんです!

 

 

 

たくさんの意味がこめられている結婚式。どんな色のドレスを身に纏いますか?

色によって違う印象を与えるので、ドレス選びの際に参考にしてみてください!

【レッド】

情熱的で自信に溢れたレッドのドレスはやる気に満ち溢れた印象に。

質感によっても与える印象が変わるので、ぜひ一度ご試着を。

【ピンク】

女性らしさ、可愛らしさ、華やかさなど、結婚式にはぴったりなピンクのドレス。

パステルピンク、ショッキングピンク、サーモンピンクと色味の幅が広いので、あなたと雰囲気にあった1着を探してみましょう!

【イエロー】

幸せの象徴イエローのドレスは会場を一気に明るく華やかに。

明るく元気な印象を与え、太陽のような輝く花嫁さんになれること間違いなし。

【グリーン】

癒し系、清楚系を選びたいならグリーンのドレスを。

明るめなら爽やかに、濃いめなら落ち着いた印象を与えてくれます。

【ブルー】

ブルーのドレスは清楚で気品溢れる印象に。

淡いブルーは軽やかで明るく、ネイビーや濃い色はキリッと大人っぽく魅せることができます。

 

いかがでしょうか?色や質感、ドレスの形によっても様々な印象を与えることができます。この機会に最高の1着を探してみてはいかがでしょうか?

PAGETOP