The Rivington

披露宴と二次会の違いとは?

OFFICIAL NEWS 2020.04.25 土

結婚式と聞いて、イメージするのは挙式と披露宴だと思う方が大半なのではないでしょうか?

今回は簡単に挙式、披露宴、二次会について説明いたします。

 

挙式とは

「結婚を誓う儀式」のことです。

チャペルや神社で行われることが一般的ですが、最近は新郎新婦の親族や親しい友人、お世話になった先生や職場の方などを招待し、その人たちの前で結婚を誓う人前式も増えてきました。

 

披露宴とは

挙式の後、「結婚したことを披露するフォーマルな場」です。

格別あるおもてなしで、ホテルや式場、料亭で行われることが多いです。

新郎新婦はもちろん、参列者にもマナーが求められます。

服装にも気をつけなければいけないため、よく調べてから参加すると良いでしょう。

 

二次会とは

一般的に挙式、披露宴に呼べなかった友人を呼んで行う「お披露目パーティー」です。

幹事を友人や業者に依頼して行います。

挙式や披露宴とは違い、スケジュールがびっちり決まっているものではないので、

よりカジュアルな場でゲストと話をすることが出来ます。

 

1.5次会

最近耳にするようになった1.5次会についてはご存知ですか?

披露宴より堅苦しくなく、二次会よりちょっとフォーマルなイメージで、挙式後に行う方が多いそう。

 

いかがでしたか?

上に挙げた4つはどれも必ずしなくてはいけないものではなく、

挙式だけ、披露宴だけ、1.5次会や二次会だけでも良いんです。

挙式は身内、披露宴はせずに1.5次会で友人や恩師を招待する、など、結婚式の形は人それぞれ。

2人にとってピッタリのスタイルを探してみてください。

 

 

 

PAGETOP